男の人

最近よく見るふるさと納税の魅力|おすすめされている理由が分かる

お得に利用しよう

女の人

手軽に節税をしたい、生まれ育った市町村を応援したいという時には、ふるさと納税がおすすめです。希望する市町村を選択し、納税することが出来ますし、それぞれの年収にもよりますが、節税効果を期待することも出来ます。

こんなものもお返礼品に

財布

ふるさと納税でコスパのいい商品をと考えている人においては、家電も視野に入れてみるというのがお勧めです。パソコンやテレビなどの商品がふるさと納税のお礼の品として提供されている場合もありますので、まずは自治体のサイトをチェックしてみましょう。

必要な手続き

風景

行うべき事

ふるさと納税は申込をし、支払いを終了させれば、それで節税をすることが出来るというわけではありません。その後、確定申告をしなくては、意味がありません。手続の方法としては、確定申告を行うという方法があります。確定申告は1月1日から12月31日までに得た所得をもとにして、納めるべき税金を計算、納税するという手続きであり、自営業の人であれば毎年行っている手続きです。ただし、会社に勤めている人では、その手続きを会社が行っていますので、自身で確定申告を行うという人は少ないようです。ふるさと納税はこの確定申告を行うことにより、節税につながります。分からないことなどは、税務署で確認することが出来ますし、ホームページ上で申請書類を作成することも出来ます。

便利な制度

ふるさと納税への申込件数が少ないという場合には、確定申告を行うよりもワントップ特例という制度を利用することをおすすめします。ワントップ特例を利用することにより、ふるさと納税のために確定申告をする必要はなくなりますし、より簡単に手続きをすることが出来ます。ワントップ特例のほうがおすすめな人としては、もともと確定申告をする必要がないということ、1年間のふるさと納税の申込先が5自治体以下であること、ふるさと納税以外に確定申告をするものがないという場合です。確定申告に不安があるという場合で、利用条件を満たしているという場合には、ワントップ特例がおすすめです。ワントップ特例の必要となる書類や申込方法などについては、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

煩わしくありません

ファミリー

ふるさと納税においてワンストップ特例制度がスタートしています。これは、5つの自治体までの寄付であれば、特例申請書を提出することによって、確定申告をする必要がないという制度です。これにより手続きの煩わしさが解消されました。